『ニューキャッスル』銀座で食べれるレトロカレー 辛来飯

投稿者:くまえもん様(30歳)
お店の所在地:東京都中央区銀座

銀座でおすすめのカレー屋さんを紹介します。ニューキャッスルというお店で、銀座で古くからある老舗のカレー屋です。創業は1946年なんだそうです。場所は有楽町線の銀座一丁目駅のほど近くにあります。
面白いのが、ここの店のメニューです。カレーライスではなく、辛来飯と書いてカライライスと読みます。なんというか時代を感じさせられる素敵なネーミングですね。基本的には、このカライライスだけなのですが、サイズを選択することができます。が、このサイズの呼び方にも一癖二癖あって、一番量が少ない方から順に、品川(かなり少ない)、大井(少ない)、大森(普通より少し少ない)、川崎(大盛り)という名前になっています。駅の名前と距離でサイズを区別しているのがなんとも面白いですね。ちなみに、レギュラーサイズはすんかま(すんドめの蒲田)と言うそうです。お店のご主人が教えてくれました。料金はすんかまで900円くらいです。
カライライスは、カレーがかかったご飯の上に目玉焼きが載っています。カレーにはすりつぶした野菜や果物が入っており、すごく深みのある味です。意外とスパイスが効いていて辛いです。目玉焼きも香ばしく焼けています。カレーと目玉焼きを一緒に食べると味がすごくマイルドになって絶妙の組み合わせになります。まさにこのお店でしか食べることができない味です。私は1回食べただけでファンになってしまいました。
さらにこのお店では、ドリンクメニューがあり、その中にコーヒーがあります。店の看板でも「コーヒーとカライライスの店」と言っているくらいですから、コーヒーの方もかなりおすすめみたいです。ここのコーヒーは、オーダーが入ってから豆をひき、ハンドドリップ入れてくれます。さすがにこだわって入れているだけあって、風味があって美味しいコーヒーです。そして、カレーを食べた後のコーヒーというのがなんとも言えない味わいです。なお、ニューキャッスルは、ご飯時以外では喫茶店としてもやっているようです。
ご主人が気さくな方で店の雰囲気もちょっとレトロな感じがして、すごくセンスが良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ